TLW

February 05, 2011

Season7-2

大変お待たせしました(^▽^;)
Season7-2。実は随分前に仕上がっていたのですが、
次を書いてから・・・と思いつつ、修正したりしているうち
なんだか、自分の中で読み飽きてきたので(笑)
掲載しちゃいます。
一度、Season6-8(ココはホンモノ) → Season7-1
見てからの方が解りやすいかも。
では。
まずは皆さんにお楽しみ頂ければ光栄です。
補足は、最後に書くとします。



☆*゚ ゜゚* *+:。.。:+* ゜ ゜゜ ☆*゚ ゜゚* *+:。.。:+* ゜ ゜゜ ☆*゚ ゜゚* *+:。.。:+* ゜ ゜゜



ねぇ!ちょっと、スプーンどこぉ?!
全く。この家、前のキッチンと違って何処に何があるんだか、ちっとも解らないよぉ。

いつもの朝より賑やかなのは、突然のAliceの訪問があったからだ。
Betteは大きな溜め息を付き、アンジーの部屋から顔を出す。
Alice、聞いて頂戴。
これからこの子を学校へ送りに行くのよ。
スプーンはその棚の右から二段目。アンジー、早く食事しないと遅刻よ!

部屋から慌ただしく出て来るアンジー。
そこへ唯一の傍観者といったペースで、Tinaがのっそり起きてきた。
Tee、貴女も早く食べちゃって。
ハイハイ、といった様子で、Tinaが慌ててコーヒーをテーブルへ運びつつ腰掛ける。
と、。
Betteの苛々の根源である、Aliceがこそっと耳打ちをしてきた。
ねぇ、、、。
Betteって いつからあんな家庭的になっちゃったの?
黙ったまま、ニヤリと笑うTina
そう、我が家も普通の家なのだ。


学校までの距離は、車で30分程。
行ってきます!と二人はTinaにKissをし、。
Betteはアンジーを慌ただしく車へと押し込む。
我が家に静寂が戻った。

…かのようにみえた。
あのさ、Tina。あたしNYの街って詳しくないの。
そうだよ!ちょっと、今晩あたりゲイバーでも連れてってよ。
…やれやれ。
Tinaは心の中で溜め息を付きつつ、Aliceを見つめた。
ねぇ、昨日は訊けなかったけど、あれからTashaとどうなったの?
別れた。終わり。解るでしょ?終わったの。
…あぁ、もう!ジェイミーだよ。二人があの後どうしたかは知らない。
てか、知りたくない。でも、もういいの。心配するのも疲れたもん。
ねぇTina、知ってた?あたし、元々はフェム系が好きなのよ?

小さく笑って俯くAlice。その笑顔をみて、Tinaもまた小さく笑う。
もう、しばらく恋はいいよ。
そう言ってAliceは持っていたコーヒーを飲み干した。



〜LA。
静かな朝だ。書きはじめてから随分経ったような気がする。
パソコンを閉じ、背伸びをする。と、キッチンに人の気配を感じた。
キッチンに向かうと、Shaneが立ったままコーヒーを飲んでいた。
おはよう、Jenny。眠れた?
おはよ。いいえ、ずっと書いてたから、これから眠るわ。
珍しいわね、自分でコーヒーを入れるなんて。プラネットは休み?
いいや、知らない。やってるんじゃないかな。
…そうなの。じゃ、お休み。
Shaneの動向に小さな違和感を感じつつも、それに触れる事なく、
Jennyは部屋を出た。
Bedに寝転び、先日Aliceから渡され読んだ、
アデルの最新作を思い出した。
作品の中で、自分が殺された事には さほど驚かなかったが、Shaneと結ばれた
あのくだりには、かなり動揺した。
あの時、ニキとの一件で傷ついたのは確かだ。
しかし、それは深い友情の結びつきからくる裏切りだった。
事実、あれを機にニキとは別れたし、Shaneとの蟠り(ワダカマリ)を取るには
時間を要した。
でもまさか、それ以上の感情なんて・・・。
自分すら気づかぬうちにアデルに見透かされていたような気分になり、
Jennyはシーツを被った。



〜NY。
通学路には毎日軽い渋滞が起こる。セレブの街だけあり、車も豪華だ。
Tinaは合わせる必要なんて ないというけれど、この子が惨めな思いを
学校でしていないか、Betteは少し心配していた。
入り口でアンジーを下ろし、行ってらっしゃいのKissをする。

我が子の駆けてゆく後ろ姿・・・。
私達の娘だもの。大丈夫よ。Betteは小さく微笑み、ハンドルを切った。




〜LA。<
Planetの朝は、いつもと変わりなく、Kitは鼻歌を歌いながら接客をこなす。
ただ、そこにヘレナの姿は見えなかった。
最近、そういう日が何日か置きに続いている。
Jennyのせいでこじれてしまった、ディランとの関係。
もう、人が信じられない、そう言ってヘレナが荒れた時期もあった。
Kitはただ見守るしかなかった。
それから数ヶ月経つと、ヘレナは自然にいつものオーナーとして戻っていた。
Alice達とも、いつも通り接していた。
ただ、彼女の何かが欠けているようで、それをKitは気にしていた。
Hitの夜の経営を中心にヘレナが力を入れはじめてから、
Planetには あまり顔を出さなくなった。
今日は久しぶりに彼女の自宅を訪ねてみよう、そう思っていた。

数時間後、Kitは従業員に少し出かけるとだけ告げ、ヘレナの家へ向かった。
玄関のチャイムを鳴らす。
…誰も出ない。
その場で彼女の携帯に電話をしてみた。
…出ない。数回かけてみる。
10回程鳴ると、ようやくヘレナが返事をした。
泥酔した様子だった。
聞くと、最近よく眠れず、睡眠薬と一緒に飲んでいるらしい。
今日はHitも休んでいいから。
そう言うとKitは電話を切り、別の場所に電話をした。




☆*゚ ゜゚* *+:。.。:+* ゜ ゜゜ ☆*゚ ゜゚* *+:。.。:+* ゜ ゜゜ ☆*゚ ゜゚* *+:。.。:+* ゜ ゜゜


まず、驚かれたのと同時に、混乱するであろう部分から書き足します。
Jennyの件。
Season6が中途半端に終わってしまった事で、皆さんのモヤモヤも
曖昧なままだと思います。
そこで、私の中でSeason6を『現実と空想の混ぜこぜ』にしたいと思いました。
Season6のストーリー全部を『架空』にするのではなく、
一部は事実、一部は架空の物語の『交差』にしたかったんですね。
Jennyのキャラクターは、正直理解不能だし、好きじゃなかったのですが
あのまま殺してしまうのは、あまりに忍びなく・・・。
そこで考えたのがこの案でした。
Jennyの猿真似が好きな アデルの新作として、作り上げたのが
Season6。
皆さん、少し混乱してしまうかもしれませんが、そのような目で見て頂けると
今後の展開も楽しめるかと思います。
では、、、次がいつになるか(笑)L8の後かもしれませんが(笑)
感想等、言って頂けると嬉しいです。
なにせ、褒められて伸びるBetteちゃんなのでwww

pikari


pikasama69 at 00:43|PermalinkComments(44)TrackBack(0)

October 29, 2010

Season7-1

お待たせいたしました(^ー^)/
って、待ってない?あ、そう
一部の方々から、熱烈なSeason7の要望があり、やっとこ7-1を完成
させることができました。
大きな問題は、Season6とどう繋げるか。
その問題も私の中では、クリアできました。
読み手の皆さんには、まだ疑問点が山盛りだと思いますが
少しずつ読み進むうちに、解ってくるシステムとなっております。
それを踏まえた上で、楽しんで頂ければ光栄です。
尚、このSeason7は、、、、定期購読は不可です(爆)
自分の中でまとまり次第、続きを書き上げていくという気まぐれペースで
やってまいりますので、気長に待って頂けると嬉しいです。
ホントは・・・映画化決定後に書きたかったんですけどねー。
では、皆さま。pikariの妄想物語を、お楽しみ下さい☆



☆*゚ ゜゚* *+:。.。:+* ゜ ゜゜ ☆*゚ ゜゚* *+:。.。:+* ゜ ゜゜ ☆*゚ ゜゚* *+:。.。:+* ゜ ゜゜



TibetteのいないLA。
プラネットの店内もなんだか寂しい。
Shaneが一人朝食を取るその傍で、Kitが優しく声をかける。
そんな姿を見兼ねて、HelenaAliceに電話をする。

程なくしてAliceが店へやってきた。
Hi…少し小さい声で話しかけると、Shaneは俯いたまま重い口を開いた。
自分が大切だと思った人ほど、遠退いていってしまうんだ・・・。
丸まったShaneの肩を、黙ったままそっと抱くAlice
そうじゃないでしょ、と 二人の前にKitがコトリとカプチーノを置いた。
いなくなるのは、いつも貴女からじゃないの?
そろそろ私達も成長する頃なのかもよ。
その声に促され、Shaneはカウンター越しに重い頭をゆっくりもたげる。
そこには、いつもと変わらぬ優しい目で見つめるKitがいた。
そしてその目は、Shaneの胸に 見えなくも確かな何かを落とした。


NY。
繁華街を歩く男女。
突然ハンドルを切り突っ込んできた車に向かって発砲する男。
女が悲鳴を上げて走りだす。
カット!
の声と同時に、足を止めていた通行人が、何事もなかったかのように
日常へと歩き出した。
Tinaの指揮する撮影は順調だ。
ここには厄介な問題を次々と持ち込む脚本家もいなければ、
それに媚びる投資家もいない。
cool過ぎる程、職場に感情を持ち込まないCrew達には、若干味気無くも感じたが、
Tinaは今の職場に充分満足していた。
携帯の短縮No.0を押し、戻ったばかりの喧騒から ほんの少しだけ身をそらす。
今日は早く帰れそう。
そう告げると、電話の向こうで楽しそうにはしゃぐアンジーの声が、小さく耳に入った。

トライベッカの高級住宅地から 少し走ったその場所に、Tibetteは住んでいた。
セレブ達が通わせている学校は 環境も良く、設備的にも安心だ。
それなりに見合うものが必要だったが、迷う事なく 二人の母はそこに決めた。
Tinaの帰りを待ちながら作る夕食。
昔は何もできなかったBetteも、今は違う。
料理を誰に習う事なく、いつからか得意料理の数も増えた。
今日の夕食は、アンジーの好きなスパイシーチキンとサラダ。
コンソメの効いた良い匂いが室内に立ち込め始めたその時、ベルが鳴った。

玄関を開けてBetteは驚いた。
そこには、それなりの荷物を持ったAliceが立っていた。
…何してるの??
鍋掴みを持ったまま 慌てるBetteをよそに、お邪魔しますと勝手に入ってゆくAlice
荷物をテーブルへ無造作に置き、ソファーに座るアンジーを膝に乗せる。
一体なんなの?呆れた口調でBetteが口を開くと同時に、
Aliceが一冊の台本を荷物から取り出し、話し出した。

それは、間もなく上映となるレズガールズの最新作だ。
落ち着いてきいてね、と言ったAliceの忠告も虚しく、Betteは怒りに震える事となった。
それは、前作レズガールズの後編とも言える作品。
今回はミステリアスに描かれてはいるものの、キャストはまた自分達そのものと言った内容。
その上、有り得ない結末に驚愕した。
Aliceの話によると、物語の中でJessyが殺され、その犯人がこともあろうに
Ninaだと言うのだ。

これ!誰が書いたの?!まさかJenny?!
一呼吸置いたAliceが、口を開く。
違う・・・。驚かないでね。・・・アデルだよ。

わなわなと震えるBetteの唇を、アンジーが不安そうに見上げる。
その姿に、Aliceは慌てて次の言葉を発した。
私だって犯人に見せかけられてたんだよ?!
残念ながら、その声はBetteの耳には入っておらず、二人は同時に
深いため息をついた。

そこへ事を知らないTinaが帰宅した。
Aliceの登場には驚いたが、ただならぬBetteの様子に
Tinaの顔にも自然と不安が広がる。

Aliceから経緯を聞かされたTinaは、呆れた顔で高らかに笑い出した。
その様子に、Betteが少し驚く。
彼女らしいじゃない。結局彼女はJennyの猿まねしか出来ないって事ね。
もう関係ない人よ。放っておけばいい。
そう二人に告げると、Tinaは足早に台所へと向かった。

Tinaまでも虚仮にしておいて、このまま黙ってる訳にはいかないわ。
Betteがその台詞を吐き出そうとした時、台所にいたTinaが話題を切り替えた。
そういえば、Maxはどう?見つかった?
…まだ。
首を横に振りながらAliceは続けた。
マリアをKitの元へ置き去りにして、もう半年以上経つかな。
一人で産む事への恐怖に加え、女の子を産んでしまった事が
余程ショックだったんだろうね…。

周囲は、里子に出す事を奨めたが、Kitが頑として拒否し
自分が以前下ろした子への罪、として育てる決意をしていた。
幸いその申し出はSonyからだった。
結婚は同性婚が許可される日まではしない、と頑なに拒んできたKitだが、
今回は状況が違う。
有り難過ぎる彼のプロポーズを断る理由もなく、素直に受け入れた。
式はKitの希望通り、執り行わなかった。

マリアは元気みたいだよ。
そう、とあまり元気のない声でBetteは返事をすると、黙ったままアンジーを抱き寄せた。

みんなは元気?ShaneJennyはどうしてるの?そうだターシャは?
と、紅茶を手にTinaが近づく。
ちょっと、そんな矢継ぎ早に聞かないでよ。時間はたっぷりあるんだから。
どういう意味?と首を傾げる二人に、Aliceが笑った。
まぁ、そういう訳。しばらくここに居させて。
ん…この紅茶、美味しいね。どこの?
Aliceの奔放な言動に、戸惑いと驚きの表情で、二人が顔を見合わせた。


Sonyとは、S6でKitと付き合うことになった彼です。

pikasama69 at 00:15|PermalinkComments(46)TrackBack(0)

July 21, 2010

買っちゃいましたヾ(≧▽≦)ノ゙

先日、海外オークションサイトをフラフラしていると思わずガン見してしまう
商品を見つけてしまいました。それが、、、コチラ。 DSC07632DSC07629

これ、出演者のサイン付きパイロット版の台本です(〃▽〃)
台本・・・私が最も欲しかったシロモノ。ドキドキしつつ、中を見ると。
そこには見たことのない人物名や、放送ではなかった台詞や景色が満載★
これよこれっ!!!これが見たかったのです
写真に添付したシーンは、パイロット版、皆さん御存知のあのシーン。
Tinaの第一声 『 Bette!!come here 』 の台詞から始まるあのシーンです。
まぁ、サインがホンモノかどうかは定かじゃないけど(一応鑑定書は付いてた)
台本の中が読めれば、私的には充分なので(〃▽〃)
って、勿論全部英語なので、全て読みきるのは至難の業ですが(^▽^;)


それから、少し前にカノが買った Jenniferの最新雑誌、『DIVA』。
中を見せてもらうと、意外や意外。かなりL色満載なんですけどっ!!
みなさーん、これオススメですよー
Jenniferの素敵な写真&インタビューが沢山載ってるし、
通販用の小冊子も、なかなか面白かったです。
(ちなみに小冊子は、パピが表紙) DSC07649DSC07650

もし、興味のある方は、コチラで御購入下さい★ http://www.divadirect.co.uk/

pikasama69 at 15:55|PermalinkComments(17)TrackBack(0)

June 16, 2010

Lの今後の為にも是非、参加してみて下さいね★

head
いきなりですが、面白いアンケートを発見しましたので添付します。 期間は、6/23(水)まで。 なかなか深いところまで突っ込んでいますし、 アンケートの反響によっては、本も作るようなニュアンスの文章もあり これは、Lの世界の公式本第二弾を作る気があるのかもと 期待を込めて、早速アンケートに答えてきました。 皆さんも、アンケートは明日中ですので参加したい方は、是非。 これを機に、日本も何か・・・動きがあるのか? 映画化?それともイベント?はたまた来日???と 妄想は只今暴走中です(笑) あと、Lの世界のキャラクターにあなたを置き換えるとしたら、、、 誰になる?というキャラクター診断も見つけましたので、是非やってみて下さい。 ちなみに私は、、Betteでした(・・・やっぱり。笑) 皆さんも教えて下さると嬉しいです(^ー^)/ (このページには、プレゼントなども付いています) http://www.l-word.jp/sekirara/ http://happy.woman.excite.co.jp/lword/ http://www.l-word.jp/movi/ ※本日サイトを見たところ、アンケートに関して6/23までに期間が延長に なっていました。 まだ参加されていない方は、是非ヽ(・∀・)人(・∀・)ノ

pikasama69 at 01:55|PermalinkComments(70)TrackBack(0)

June 08, 2010

始まりました!!!

FOX Lifeが観られる方も、そうじゃない方もコチラのサイトに集合!! http://tv.foxjapan.com/life/lineup/prgmtop/index/prgm_cd/1007 いよいよ!!始まりましたヾ(≧▽≦)ノ゙ FOX Life The L word 一挙放送 6/7(mon)〜6/12(sut) AM 10:00〜 各1season一挙放送です。 まぁ、平日なんでかじりついて観るわけにもいきませんが(^▽^;) さて、そのFOX Lifeにて、Lの主要人物の人気投票を現在行っております。 下記サイトの左にあるバーコードから飛ぶことができます。 サイトはコチラ http://tv.foxjapan.com/life/news/detail/idnews/338 もしくは、携帯検索で 『FOX Life』 から入ることも可能です。 なお、サイトを登録しなくても投票は可能です。 しかし、携帯のみの投票となりますので、御注意下さい。 お一人様、何度でも投票は可能ですので、ふるって 我らがTibetteに投票してね( ̄▽ ̄)//  キャラクター人気投票期間 〜6/20(sun)まで ちなみに。この投票の際に、DVDプレゼントの応募も付いてますので DVDを持ってる方も(笑)持ってない方も、運試しに応募してみては如何でしょうか? DSC00626


pikasama69 at 07:00|PermalinkTrackBack(0)

June 02, 2010

発売日!

昨日は、特別な日でした。 とうとうやってきました、Final Season DVD発売日。 海外版や動画が簡単に手に入る、こんな時代ですが ずーーーーーーーーーーっと、観るのを我慢して待っていたSeason6。 (耐え切れず、Tibetteのとこだけちょびっと観ちゃってたけどw) 夕食を食べながら観るなんて、とんでもない!とカノに叱られ 全ての事を済ませ、鑑賞の準備を整えました。 始めの二人の約束では、2日間かけて観る、と言う話だったのですが 気付くと一気に観てしまい、 終わったのは、明け方4時を回る時間(笑) 最後のエピソードが始まる時は、正直寂しさから 再生ボタンを押す手を躊躇してしまいました。 Final SeasonのTibetteは、本当に幸せそうで 大笑いしたり、お互いの顔を見合わせて微笑んだり。 その姿を見て、私たちも爆笑したり 『きゃわいぃぃぃぃぃぃ』 と叫んだり(笑) そこだけを抜粋したら、本当に楽しいSeasonでした。 だからこそ、ずっと観ていたかったし、終わるなんて信じられなくて。 エンディングのシーンを見ながら、もうこの先が観られないんだと思うと 泣きそうになってしまいました。 Tibetteから貰ったものは、私たちにはあまりにも大きすぎたから。 Final SeasonのEpisode。 これから1話ずつここで話していきたいと思っています。 これは、先日のLaurelのお誕生日会後に、友達が作ってくれた画像です(笑) Laurelがあまりに見事にハマってて、はめ込みと気付かなかったよ BlogPaint


pikasama69 at 15:04|PermalinkComments(40)TrackBack(0)

April 15, 2010

Lの世界 〜Final season

20081121_s6poster54_20100413_00014
先日、DVDの発売日が決定した、Final seasonですが ようやくそのラストシーズンも含めたテレビ放送が FOXライフにて決定しましたヾ(≧▽≦)ノ゙ 一挙放送、、DVDを持ってる方も持ってない方も この際、皆で一気に見ると、感慨もひとしおなのではないでしょうか(T∀T) はぁ、、でもホントに最後なんだなぁ 〜FOXライフ『Lの世界』一挙放送スケジュール〜 シーズン1  (全14話) 6月 7日 10:00〜22:00 シーズン2  (全13話) 6月 8日 10:00〜22:00 シーズン3  (全12話) 6月 9日 10:00〜21:00 シーズン4  (全12話) 6月10日 10:00〜21:00 シーズン5  (全12話) 6月11日 10:00〜22:00 ファイナルシーズン (全 8話) 6月12日 10:00〜18:00 ニュース記事、画像等はコチラにもあります。 http://english.oricon.co.jp/news/75283/full/

pikasama69 at 20:56|PermalinkComments(12)TrackBack(0)

November 02, 2009

season5-10

イキナリですが、私、この回のTinaがとっても好きです 泣き顔も、困惑した顔も全部が可愛い(〃▽〃) てことで、season5-10は、ピンクライドのお話。 ホントは行くのに抵抗があったTina。そうだよね、Betteと心が通じ合えたというのに 肝心のBetteは、まだJodiに言えずにいる。 バレてしまったときの衝撃をTinaは知ってる分、怯えてた。 NDVD_022NDVD_055
そんな事も全く気付いていない&考えてない様子で、Betteは暢気にTinaに近づく。 『一言、いい?いいお尻してるわね。』 って(爆) あの『Fuck you!!(/ω\*)』っていうTinaがもう、、超カワイイ゚+.(o´▽`o)。+゚ 二人に流れる、穏やかな空気。 それは、昔のTibetteを見るようでありながら、現実のJennifer&Laurelを見るようで なんだか、とっても素敵でした あれってアドリブなのかな?? そして、亡くなった大切な仲間・家族達の写真の貼られた小屋のシーン。 ここでもBetteの後ろにそっと近寄るTinaがいました。 でもBetteの隣にはJodiがいて、それ以上近寄る事は出来ない。 この微妙な距離が、とっても切ないです(T∀T) Danaが亡くなって、随分経っていますが、私はちょっとおバカで真っ直ぐな Danaの事が大好きでした。 Danaを切なそうに見つめるAliceの表情には、いつも涙してしまいます。 Aliceには、やっぱりDanaが一番合ってたように思って、そう考えると辛いです。 NDVD_112%7E0NDVD_140%7E0
シーンをかなり飛ばして(笑)テントを張るシーン。 手伝おうとするJodiにBetteが『この位バカじゃあるまいし、出来るわ。』 って言ってのけて、ひっくり返っちゃうシーン、何度見ても爆笑してしまいます。 何故なら、自分を見るようで(笑) 私もよく、カノに偉そうな言い方をしますから。。。 呆れたJodiは、Betteを放置し、Tinaの元へ。 Jodi手伝いを喜んで(笑)受け入れるTina。そして二人でBetteの悪口を(笑) あー、この二人、ホントの友達になれたらよかったのに、と思う瞬間でした。 じゃ、ねと立ち去る際に何気なくJodiは、Tinaにハグ。 この時の困惑した顔が・・・・・・・・・めたくそ可愛ぃ(〃▽〃) 何度巻き戻して静止したか(笑) NDVD_164NDVD_185
・・・夜。 キャンプファイヤーのシーン。 この時の二人の目だけでのやり取りが、切なくかつ見事に演じられてますよね。 このシーンのTinaを初めてyoutubeで見たときは、 『ナニコレェーーーー!超カワイイんですけど(〃▽〃)』と 叫んでしまうほど、魅力的でした。 すがるような目でBetteを見つめるまなざし。 怯えたような目で戸惑いを隠せないBette。 そんな二人の目のやりとりに、呆れるKit(笑) しかし、、、一言いいっすか? Aliceって結構根に持つよね(笑) だって、Betteは浮気モノだあたしを捨てたって、何年前の話よ? からかっただけ、なんて言ってたけど、かなり根に持つタイプだなと。 笑いながら人を傷つけるタイプで、ちょっとコワイです そう、そんなAliceのツッコミに、耐えられなくなったのはTina。 思わず席を立ってしまう。 ウソがつけないバカ正直者の(笑)Betteちゃん。 こうなったらもう、Jodiにもバレますよねー。 追いかけた割に、あっさりJodiの元を去るBetteにも、私はかなりビックリしましたけどね。 放置かよ?(・ω・ノ)ノ)と(笑) NDVD_231NDVD_243
一方、Tinaの元に行ったのは、AliceとShane。 Alice『何で黙ってたの?』のセリフに『貴女がBIG Mouthだからよ。』 と言ったTinaに思わず爆笑してしまいました。 ・・・確かに(笑)そこはAliceの悪いとこだもんね(笑) でもこの時、友達の前でTinaはホントの自分をさらけ出します。 今まで隠していた思いが泉のように湧きだし、それが涙となります。 私が記憶する限り、友達の前で泣いたのは、これで2度目のTina。 (Danaの死を除く) 1度目は、Betteの浮気を知って、Aliceの部屋に押しかけた時。 滅多に泣かない人だからこそ、この涙は辛かったです。 Tinaはやっぱり、Betteの存在が最大の弱点でもあるんだねー。 でも 『こうなるとは思ってなかった』 のShaneの言葉に、3人同時にビールをグビリのシーンは笑いましたけど。 私も、I NEVER GAMEをしてたら、絶対飲んでました(笑) Betteの方は、というと。 Kitにお説教を食らってました(笑) 涙ながら言った『Tinaを愛してる。』の言葉に、絶句するKit。 多分、お姉ちゃんだもん、解ってたように思います。 ただ、Jodiへの情があった分、Kitも叱る以外出来なかったんだろうなぁ。 そうそう、このシーンで珍しく(爆)Jennyがニキにいい事を言ってました。 『二人は別れるべきじゃなかった。逃げないできちんと向き合って話をすべきだった』と。 いつの間にか話はすり替わって、自分たちで盛り上がってましたけどね(笑) ・・・・翌朝。 先に帰ったJodiを皆は知って、静かに帰宅するのでした。。。 早朝、湖畔で一人泣くBette。 彼女は、あの時どう思っていたんだろう・・・? NDVD_252


pikasama69 at 23:50|PermalinkComments(12)TrackBack(0)

October 07, 2009

season5-9

やって参りました (*´∀`人´∀`*)♪ep9 私は初めてこのepを見たときは、悲鳴をあげたりホロリとしたり。 ほんと忙しかったです(笑) 皆さんは、どうでしたか? ・・・まずは、このシーン。 お仕事中のTina。 役者のオシリにエルモがいることで、本番が撮れず イライラモードのTinaちん。 その上、大規模な停電が起こる・・・。 509_0001509_0003
昔Betteと住んでる時は、もっと穏やかで口調も柔らかかったけど やっぱ仕事する→ストレスが溜まると、人間ダメですね(T∀T) Tinaの口からも出てくる、良くない言葉&命令的な言葉・・・。 そゆとこがTinaファンのあたくしから言わせて頂くと、ちょいと寂しい(T∀T) でも可愛いけど。(どっちやねん) 509_0009509_0010
今日はBetteとセラピストのダンへ会いに行く日。 『大学も停電?』とBetteに電話するTina。 その時のBetteが、、、色っぽいっす(〃▽〃) 冷蔵庫の前でブラ一枚になって、胸にアイスを押し当てる。 おっぱい星人には堪りません(爆) ま、そんな様子をTinaがもし隣で見てたら・・・( ̄ー ̄)だよねーTina Tina『今日は撮影も中止。』 そして二人は後で、と電話を切る。。。 Betteがプールサイドで新聞を読んでると、Jodiが邪魔をしに来る。 そんなJodiから距離をあけたいBette。 そうだよね、気持ちは完全にTinaに向かってるし。 そしてついに『最近の貴女はおかしい。』とJodiに言われてしまう。 耳の不自由なJodiに、Betteは後ろ向きのまま 『Tinaを愛してる』と言う。 このシーンで、私は昔、悲鳴をあげました(笑) よくよく考えると、とっても卑怯な事をしてるんだけど Tina応援隊としては、そりゃもう一番聞きたかった言葉だもん。 今すぐTinaンとこに行って言え〜〜〜〜〜〜〜っと思った(笑) 一方Tinaは、先日の事をSamに突っ込まれてしまう。 『Ouch !』って思ってるくせに、ついつい誰にも話せなかった想いを ツラツラ話してしまう。しかもちょっと嬉しそうに。 そんな様子にSamもちょっと迷惑そう。 ただね、そんな素直なTinaが私には可愛く見えました。 509_0021509_0020
Samは、とってもいい人だったと思う。(もう過去形。笑) 想像するに、とても穏やかでBetteとは違う安らぎをきっとTinaにくれたと思うんです。 例えば、あの時・・・ヘレナとあーなった時、相手がヘレナではなくSamだったとしたら もしかしたらいい関係を築けたかもしれない。 その位Samの事、人として私は好きでした。 ・・・・って言ってもやっぱりBetteが一番いいのは決まってるんだけどヾ(≧▽≦)ノ゙ Betteの方は、というとplanetにてTinaの分までカプチーノを購入。 ・・・さすが姉ですね(笑) Kitは、Betteのそんな小さな変化にも敏感に反応(笑) 『BetteCo〜me buck here...』・・・・・・(笑) このシーンのやり取りは、毎回噴き出してしまいます。 解りやすいBette、考えてみれば彼女って嘘は付かないよね。 悪あがきをしないところ、そこは好きです。(笑) 『みんなには言わないで』ってそんな・・・誰に言うのさ?とKitと同じコメントを つい言ってしまったpikari。 いつかはバレるのにねぇ。。。┐(´∀`)┌ 509_0030
どこかで待ち合わせをし、セラピーに向かうTibette。 二人の颯爽と歩く姿、久しぶりに見ましたが、やっぱりお似合い 慌てて飛び乗ったエレベーターが、、、突然停電の影響で止まります。 509_0034
最初にこのシーンを見たとき、一体二人はどこでヤッてんだよ と思ったんだけど、エレベータの中だったのね(^ー^) って、おいおいいつ動くか解んないし Tinaってば大胆ねー(〃▽〃)マッタク。 509_0039509_0048
それにしてもこのシーンは最高ですね。もっともっと見たかったです。 『私は貴女が思っているような人じゃない』 そう言って泣きそうになるTina。 『ジャガイモ(とは言ってないけど)の時は、酷い事をしたわ。』 って言ってる横から 『I love you....』 だなんて。 Betteったら超カッケー+。:.゚ヽ(*´∀`)ノ゚.:。+゚ そしてあのBetteのセリフ。 Tinaの気持ちのまま、泣き出しそうになりました。 『"...it feels like I'm coming home...』(T▽T)キャァーーーーーー ワッショイワッショイ祭りだ祭りだ+。:.゚ヽ(*´∀`)ノ゚.:。+゚ Tibetteファンの私たちにとって、このセリフは最も待っていた言葉であったはず その言葉を投げかけた瞬間、飛びつくようにTinaはBetteの元に(T▽T) ウッウッウッ(T▽T)ここまでくるのに、一体どれだけかかったか。。。 S1の絶頂期から、この瞬間まで、ほとんどのTibetteファン、いやLファンが こんな二人を待っていたのではないでしょうか?(なんだか演説のようになってきた。笑) 509_0052tk509
確かにこの後のエッチシーンは、とても艶かしくて 深夜に初めて見た私の脳を、完璧に叩き起こしてくれましたが(笑) 正直、そんな事はどうでもいい位、私にとってBetteのセリフが最高に嬉しかった。 久しぶりにBed inした時も、本音を言えず、ひっそりと呟いた『I love you』。 それをそのまんまTinaにぶつけた事。 『貴女はどうしたいの?』とか、『私は誰のものでもない』 だなんて言って 自分を出せずにいたTina。 そんなTinaもやっと、Betteへ真っ直ぐに気持ちをぶつけられた。 ・・・・停電、バンザイヾ(≧▽≦)ノ゙   (笑) 509_0066509_0063
てか、一つナゾが。。。 この右の写真、解ります? 赤いおぱんつがTinaの足にチラリズムしてるでしょ?(解る?) でもさーBetteが脱がした(〃▽〃)シーンでは紺に見えません? ・・・・・暗いから? 赤って暗い道でも見えると、一般的には言うのに、これは赤に見えない。 もしかして、あたし。。。 色盲?              (笑) 誰か、このナゾを解いて下さいまし

pikasama69 at 22:21|PermalinkComments(20)TrackBack(0)

September 16, 2009

season5-8

みなさま、今晩は(^ー^)/ 先日(といっても ちょっと前。) アメリカで 『Real The L Word』 たるものがまた開始されるという情報が ありました。どうやらまたICとSHOWTIMEがタッグを組むらしい。 来年から開始予定で、LAに住む6名のビアンに焦点をあてるとか。 日本でもし放送してたら観るだろうけど、ドラマじゃないのはどうだろう。 皆さんは、どう思いますか?? そうそう。もう一つ。 Lの世界で脚本家、シェリエン・デイビスが最新映画 『Amreeka』 を作ったとか。 どんな物語なのか、ちょっと期待してしまいました さーて、season5も架橋に入って参りましたねぇ。 もうさすがにここまでくると、S5を『観てない。』人もいないかな。 ネタバレ等遠慮ナシに、一気に参りましょうか☆*゚ ゜゚* *+:。.。:+* ゜ ゜゜ まずは現場でのTinaちん。 相変わらずJennyに嫌がらせを食らいつつ、頑張ってますね。 ヘレナが映画会社を立ち上げた頃は、まだストレスもあまりなく 寂しげなプータロー(笑)のBetteに 『仕事が楽しいの(〃▽〃)』 なんて言ってたけど 今のTinaはどうなんだろうね? 打たれ強いTinaだけど、怒った顔の多い職場のシーンは Tinaファンとしては胸が苦しくなるばかりです(T∀T) NDVD_025~0NDVD_020~0
そんなところに、自分たちの関係に耐えられなくなったBetteちゃん登場(笑) いいよねー彼女は自由で(笑) 感情を我慢する事を知らない( ̄ー ̄)フ ホーント、私にソックリ(爆) 若干Tinaを攻めるような雰囲気で乗り込んできたBetteちゃん。 しかしなんでしょうねぇー、このTinaの落ち着き払った様子は(笑) 戦線逆転して、アワアワしちゃってるBetteがホント・・・カワイイ 『あなたは、どうしたいの?』 なんて、なかなか永年片想いしてた、しかも元カノに言えませんよ(笑) 一人で生きてきたTina。本当に強くなったというか。。。 いや、元々強いけど(笑) NDVD_061~0NDVD_056~0
Betteが乗り込んできたきっかけは、これ。 Jodiが元カノやTina達を呼んで行った、パーティだった。 このパーティに、なにゆえshane達を呼んだのかナゾだけど(爆) ま、それはおいといて。この地獄のようなパーティ(笑) 私ならオピッコちびります(爆) マジ、行きたくねー!!!(-∀-;) Betteが怒るのも無理ないよね そいでもって、なにゆえTinaがYESを出したのか意味がワカラン(T∀T) NDVD_080NDVD_067~1
案の定、パーティはなんだか険悪モード。 でもこの険悪Tibetteのやりとりが、、、最高に面白い 毎回爆笑してしまいます。 Bette 『別にのけものにするつもりなんてなかった。』 Tina 『あったわ。』 Bette 『え?』 Tina 『別に。』 この 『別に。』 のタイミングの早い事!!!面白いわぁ・・・ そんなこんななのに、二人っきりになると、こうなっちゃう二人(笑) そうだよね、その前に昔の思い出話なんてしちゃった日にゃぁ、愛おしくもなるもんだ。 インドに旅行に行った際、Betteの体調が悪くなって Tinaがおぶって歩いたとか。。デッカイのに(笑) あーん、あたしもおぶられたいっ♪(/ω\*) NDVD_087~0NDVD_096~0
今回もまた、前回のスタジオセット同様、すん止めKissの二人(笑) もう、やっちまえよ!!!なんて、思わずガラの悪いオッサンのように なってしまった私です この瞬間、Jodi達が帰ってくるんだけど、でもさー、嘘の下手なBetteが バレなかったなんて、奇跡じゃないですか?てか有り得ない・・・(笑) まぁ、結局Tinaの相方samには、バレバレだったんだけどねー。。。 ep9に続く...

pikasama69 at 22:08|PermalinkComments(22)TrackBack(0)