ビアン

May 23, 2015

Laurelのお誕生日。そして・・・

ご無沙汰しております。pikariです。
皆様、いかがお過ごしですか?

今日はLaurelの44歳のお誕生日。
 Happy Birthday Laurel 

アメリカでThe L WordのTVドラマシリーズが始まったのが2004年。
私がこのドラマに出会ったのが2007年。
そして、大好きなLaurelに会いに行ったのが2011年。

・・・あれから4年。
Laurelが絵と向き合い、女優業を休業したのが2009年の頃でしたっけ。
5年は絵に専念する!と言っていた彼女でしたが、その間に
彼女の心は決まってきたようですね。
正直言って、私は絵についての知識も薄く、関心もどちらかというと・・・
ありません(^_^;)←絵心もない人
Laurelは、私にとって初めて夢中になった海外の女優さんで
それまでは、どこか海外の出来事はどこか自分の人生に無関係なこと
といった感じで生きてきました。
だから、Laurelとの出会いは、それだけ特別だったので、思い入れも強かった。
才能のある女優さんだもの。きっと帰ってくる。
そう信じたかったのかもしれません。
でも、彼女はそうじゃなかった。
事実、40過ぎるとハリウッドの仕事は激減するのよ、とあのメリルストリープが
言っていた通り、彼女の中で40歳という年齢が大きな節目になっていたんだろうな
と今は思います。

とはいっても、良い意味でも気まぐれな彼女(笑)
『やっぱ女優もたまにやりたいわ。』なんて思う日がいつか来るかもしれません。
その時は、ここも復活する・・・かも。

そんなわけで、pikariのblog、love my life は Laurelのお誕生日を機に
お開きにしようと思います。
最初の頃からたーくさん、カキコミして下さった方、
実際お会い出来た方、今でも仲良くして下さっている方。
それから、ちょこっと覗きに来てくださっていた方等々
本当にたくさんの方に支えて頂き、ここまで来ました。
すぐにここを消すという気はありません。pikariも気まぐれなので(笑)
時折、昔の記事を観て、笑って下されば尚嬉しいです。
そして、またいつの日かLaurelに会いたい。
私はそう思っています。
その時は、ここに書いちゃうかもしれないですね(笑)

とにかく。
独り言の呟きからここまで大きく成長できたのも、ひとえに皆様のお蔭です。
本当にありがとうございました

また、いつの日か・・・。



pikari


p.s. Twitterは今のところは消すかどうするか考え中です。
元々あんまり喋らないけどねwww

image


pikasama69 at 17:00|PermalinkComments(15)

March 03, 2015

真面目なお話。

2月の半ば、私たちにとって画期的な記事が全国を駆け巡りましたよね。
それがコレ。

http://www.nikkei.com/article/DGXLASDG11H1C_R10C15A2CR8000/


早速お昼休みに、仲間内でこの話題は持ちきりになりました。
条例が通れば、どういうことになるのか?
申請はどのように行うのか?いくらかかってどのような書面が必要なのか?
補償は?効力は?等々。
私達カップルなんぞ、そもそも身内にカムアウトしていない身分なのに(笑)
少し前、ビアンの親友が病気をしたことで、
入院時の扱い、その後の対応、家族とのあり方等
本当に考えさせられることばかりで、そんな私達にはあまりにタイムリーで、
また有難い条例でした。

今日は、3月3日。
巷は桃の節句、5/5は端午の節句で
だから4/4はゲイの日、なんて聞いたことがあります(笑)
まぁそこで考えると、私達ビアンは、やっぱり3/3がビアンの日かな
とも思ったりするのですけどねwww

ところで、3月の区議会で可決されれば4/1〜施行とありましたが
果たして3月の区議会はいつあるんだろ?と無駄にそわそわした私。
・・・調べてみました。
3/2〜31までとありました。(本会議は月初と半ば、月末のようです)
勝算はどのくらいなんでしょうね?
と、気にしている私ですが・・・渋谷区在住ではありません(笑)
でも事実、渋谷区が話題になった数日後、すぐに世田谷区や横浜市が賛同の声を挙げました。
渋谷がもし動けば、日本全体として考えても そんなに遅くはないと思っています。
だからこそ、この動きに注目したい。
オリンピック開催が差し迫っていること、そして世界からの圧力に押されて
『NOと言えない日本人』が、いい意味でここに表れてくれたらいいのに、と思っています。
だって、先進国日本が、ここだけ発展途上って・・・駄目でしょう?(笑)
でも・・・なぜ自民党は、安倍さんは、頑なに拒否するんだろう??
(と、よからぬ推測をしてみたり。)

ともかく。
この3月は、私たちにとって重要な動きのある月。
4月の施行が、将来的には日本の歴史を大きく変える・・・
そう願ってやみません。







pikasama69 at 12:00|PermalinkComments(2)

April 14, 2014

今年も開催!

春ですねぇ…。
お花見、皆さんは行かれましたか?
宮城はこんな場所があるのですね。
紅葉の美しい景色は過去ライブで訪れたときに観光をしてことがありますが
春もまた綺麗って、そういえばタクシーの運転手さんが行ってたなぁ。
一度でいいから見に行ってみたくなりました。


さてさて。
今年も開催するみたいですよ。
それがコチラ。

春の名作劇場


私も今年行くとしたら3回目?
出会った作品は、これまでなかなかの秀作でした。
今年のビアン作品はどれだろうか・・・。

エミリー 青春へのパス

だそうです(^。^)
アメリカ映画ですね。
・・・ん?今回はこれだけかぁ・・・。
今んとこ、GW空いてるんだよなーって方、よかったら行ってみて下さい。
pikariは・・・・予定がびっしりなので、ちょっと難しいかな(^_^;)
ちなみに日程は4/29(火・祝)ですよー。

そうそう、ビアン映画と言えば
こういう作品が現在上映中です。

アデル、ブルーは熱い色

カンヌで絶賛されているこの作品。
フランス映画はちょっと・・・という方や、長編(3時間)は苦手・・・という方には
あまりオススメ出来ない、強烈なインパクトのある作品(らしい)です。
私もまだ観てはいないのですが、私はヨーロッパの映画は大好物なので
近々見る予定です♪
東京だと、有楽町やbunkamuraはまだやっている・・・ハズ(^_^;)
検索すると、すぐ引っかかると思うので、興味のある方は是非ぜひ♪



pikasama69 at 13:02|PermalinkComments(2)

May 10, 2012

試写会に行って来ました。

劇場公開されて、結構経つと思うのですが(笑)
今日はDVD発売記念ということで、ドラゴン・タトゥーの女を見に行って来ました。
今回、レビューに書いた2作は、ビアンテイストが散りばめられてるという事で
期待していたのですが、その部分の感想としては・・・・だったです(^▽^;)

ドラゴン

スウェーデン映画、『ミレニアム ドラゴン・タトゥーの女』を観ていない分
なんとも言いにくいのですが、さすがデヴィッド・フィンチャー監督。
約2時間40分を飽きさせないスピード感は、見事でした。
しかし、少々詰め込み過ぎたのでは?と思う部分が目立ちました。
話の展開に若干付いてゆけず、でも監督の絶妙なまでのスピードに、
『ま、いっか』と、放置しても、次の面白い展開が待っていることで、
疑問がどうでもよくなるといいますか・・・
なにぶん原作を見ていないので、偉そうには書けないのですが。
とにかく考える余地が無い分、勿体ない見方になってしまいました。
にしても、主演のお二人の演技力は素晴らしかったです。
でも主人公の二人の関係性といい、リスベットの間違った愛の使い方といい、
共感出来る部分は一つもなかったなぁ。
ラストはあれがベターだと私も思いますが、Dフィンチャー監督なら、
もっと切ないエンディングにして欲しかったかな。
女性の揺れる感覚を描きつつ、男の理想を押し付けてしまった事で、
本来の核の部分にブレが出てしまい、男臭さが滲み出てしまったところが残念でした。


もういっちょ。こちらも随分たってから鑑賞してしまいましたが(^▽^;)
二日ほど前にやっと見たので、こっちの感想も。

155266_1

ナタリー・ポートマンの演技が冴え渡る作品。
現実と幻覚の狭間が、見事なカメラ割と、撮影技術で
私達観ている側に悟らせないところ。素晴らしいです。
純粋無垢な少女が、母の抑圧、または自身の殻から抜け出し
羽化したいと、もがく様。
そして、不器用で大人になりきれていなかった事から、
プリマを賭けた圧力が重なり、自ら崩壊してゆきます。
ストーリーは極めて単純。
しかし、ナタリーの見事な演技力や、監督の追い詰めるような撮影方から、
視聴者をあっという間に物語に引きずり込んでゆくところは圧巻。
確かにやり過ぎ感も否めず、笑ってしまうシーンもありましたが、
それを差し引いても、見る価値はあるのではないでしょうか。
唯一残念だったのは、本物のダンサーとナタリーの切り替え。
(疑惑で、話題になった部分ね。笑)
確かにいくらナタリーが1年半特訓をしたとしても、ここから先は
ナタリーには絶対無理、という境界線は出来てしまうもの。
しかし、そこを見せないでくれたら、★5つを付けられただろうな、と思います。

2作ともR指定が付いていて、結構エグイシーンもあります。
怖いのや、痛いのが苦手な人は、遠慮するか、若しくは
クッション片手に観ることをオススメします(笑)
私は、ホラーも沢山見ているので『あ、こんなもんか。』でしたが、念のため

pikasama69 at 01:56|PermalinkComments(4)

April 26, 2011

えいがの、おはなし。

GWももうすぐ、ということで
今日はLaurelを交えつつ(笑) 映画のお話をしようと思います。
お時間のもて余しているそんなあなた、ちょっと映画館に・・・
というのも 楽しい過ごし方ではないでしょうか?

full


まずは、先日私が見てきた『 SOMEWHERE 』を。
この作品はビアンものでも、なんでもありません。
しかーし。
この映画のジャケットにもなっているこのプール。
皆さん、見たことがありませんか?
実はこのプール。カリフォルニアでは有名な 『 Chateau Marmont 』 というホテル。
そう、Lの世界 Season2でTinaとHelenaがプールでエッチした、あのホテルです。

tina092
tina093


このシャトーマーモントは、各界の著名人がお忍びで利用する有名なホテルらしく
また、お化けが出るという事でも有名な(笑)古い格式のあるホテルだとか。
監督は、『 Lost in Translation 』で一躍有名になったSofia Coppola。
私は この映画もS.コッポラも大好きなのですが、見る人によっては
物足りなく感じるかもしれません・・・。
なぜなら、いわゆる『 自分で考える 』映画だからです。
でも、あの空気感がいいんだよなぁ(〃▽〃)

そうそう、出演者のエルファニングちゃん。
実は、あのダコタファニングの妹さんです。
しかも彼女ってば『 I am Sam 』のあの子だったのね。可愛いはずだよ・・・。
舞台はLA。実際に私がLA旅行に行った時に見た景色も沢山あり、
LAを楽しみたい方にもオススメです。
興味のある方は、是非ぜひご覧になってください。
現在公開中です。

<日本公式サイト>
http://www.somewhere-movie.jp/index.html




次は、以前こちらでもオススメした2作品を。
まずは 『 The kids allright 』を。
ビアンカップルが同じドナーから二人の子供を授かり、生活していて・・・
と、以前mikaさんが仰ったようにTibetteのその後のようなお話。
なんと、この作品。アカデミー賞 主要4部門にノミネートされました。
なんだか嬉しいですよね(〃▽〃)
そうそう。Laurelが大好きなジュリアンムーアも出演しています。
そして、この作品はLaurelも凄くよかった!と言ってましたヨ(〃▽〃)
4/29公開です。

<日本公式サイト>
http://allright-movie.com/




そして、最後にブラックスワンを。
Black Swanは、ナタリーポートマンが最優秀主演女優賞を獲得している
注目作です。
でもこれってスリラー映画なのね。。
怖いのが苦手な人には、オススメしないほうがいいのかなぁ?
Jenniferと『ザ・ウォーカー(原題;The Book of Eri)』で共演したミラクニス
もヴェネツィア国際映画祭で新人賞を獲っています。
5/11公開です。

<日本公式サイト>
http://movies2.foxjapan.com/blackswan/




pikasama69 at 15:30|PermalinkComments(6)TrackBack(0)

April 28, 2010

もうすぐGW。

たまたまこの時期に、ビアンものの映画を2作品、上映しているのを見つけました。 以前新宿で行われたLの世界Season3-1を含むビアン映画(オールナイト)に 行った事はあるのですが、やはり人目が気になり映画館に足を運んだことはありません。 でも今回は、GWも丁度ある事だし、私達も見に行く予定でいます。 皆さんも、よかったらご覧になってみては如何でしょうか? 〜カケラ〜 サイトはコチラ http://love-kakera.jp/index.html 渋谷ユーロスペース 4/3〜5/7まで           (5/1〜はレイトショー上映のみ) 他、全国22箇所で上映 ※上映期間は、場所によって違うので、サイト内で御確認下さい。 〜ナチュラル・ウーマン2010〜 サイトはコチラ http://movie.softgarage.com/nw2010/ シアター・イメージフォーラム 4/17〜5/14 <予告編> 以前(1994年)に映画化されたものは、コチラ http://movie.goo.ne.jp/movies/PMVWKPD28299/

pikasama69 at 15:29|PermalinkComments(39)TrackBack(0)