March 2012

March 25, 2012

Happy birthday to Nala☆*゚ ゜゚* *+:。.。:+* ゜ ゜゜

本日、3月25日は、Laurelの大事な次女、Nalaちゃんのお誕生日です
おめでとう+。:.゚ヽ(*´∀`)ノ゚.:。+゚
もう、4歳になるんだねー。月日の速さが身に沁みます(T∀T)←ドシタドシタ??
たまにツイッターでも見かけるNalaちゃんの成長。
最近、しっかりした顔になってきたなぁ、なんて思っていましたが
そうかそうか、4歳かぁ。(母のような気分。)

先日ママは NYへとお出かけしていたけれど、子供たちはお留守番だったのかな?
きっと、今日は家族団欒、みんなで楽しくお祝いしているんだろうな。
・・・私たちも、参加させて欲しいよね(笑)
とにかく。
お母さんに似た、カワイイ素敵な女性に、また一歩近づいて欲しいです(*・∀-)

BlogPaint


pikasama69 at 17:00|PermalinkComments(6)

March 21, 2012

個展と、チャリティ。

先日お伝えした、Laurelのパリでの個展について、以前記事を書きましたが
三回目の追加更新となりそうなので(笑)、新規に載せておきます。

〜詳細〜

場 所: Pantheon Town Hall 


期 間: 2012.4.3(火)〜4.21(土)
(殆どの日がOPENとLaurelが言ってるので、もしかすると、日曜は閉館なのかも?)

住 所: Mmairie du 5e arrondissement 21 place du pantheon 75005 paris france
    (パンテオンの向かいの市庁舎)

OPEN: AM11:00    CLOSE: PM6:00

原画の販売はありませんが、ポスター販売はあるようです。
原画希望の方は、コチラから。
http://www.laurelhollomanstudio.net/

Laurelが会場にいる期間は、初日からの1週間です。
あとは、LAに帰るみたい・・・。

現在、LaurelはNYにいるみたいです。(トライベッカ?)
多分そこに原画を沢山置いているので、それを送ってからそのままParisに行くのかな。
LAからの直行便はどっちみちないし。
・・・と思ったら、今日帰ってきたみたいですね(笑)
Parisの個展まで、あと数週間。
また個展の詳細や情報が入り次第、載せられる範囲でお伝えできればと思っております(〃▽〃)フフ

Anb0IKICQAAnAMk

あとこれは、個展開催が記事になったもの。
フランス語なので、翻訳機かけて読んでね(笑)
SORTIRAPARIS




それから、以前コチラのblog内で紹介しました、mikiさんのチャリティプロジェクト
"Journey to the Woman I Have come to love"ですが、
どうやらもうゴールは間近のようです(〃▽〃)
中身は、mikiさんが、これまで撮影した お気に入りの女優さんを写真集にして
この書籍&写真のお金をチャリティーとして寄付しよう、というもの。
Laurelや、ハルベリー、アンジーなんかの著名人の写真が掲載されています。
あ、忘れてた!欲しいな、と思う方は、コチラからどうぞ。
http://www.kickstarter.com/projects/3083945/journey-to-the-women-ive-come-to-love

購入方法等、詳細をもう一度確認したい方は、
ココを参考にして下さいね(^ー^)/
Laurel Holloman fan blog ♪Love my Life♪


pikasama69 at 00:47|PermalinkComments(2)

March 16, 2012

投票してね(^ー^)/

現在、AfterEllen.com にてレズビアンキス選手権たるものが行われており
我らのTibetteが上位8位に残っております(^ー^)/ アタリマエダー(笑)
そこから更に絞ってゆき、最終的に一位を決めるの・・・だろうな。うん。
(ちゃんと読んでない人(^▽^;))
サイトはコチラです。
http://www.afterellen.com/other/afterellen-march-madness-2012-round-3

んで、こちらで投票を募集しております。
期限は、現地時間の日曜日まで(だから、日本時間の日曜までに投票すれば間に合うはず)
投票は とーっても簡単
Tibetteに、ポチリとクリックするだけ★
http://www.afterellen.com/other/afterellen-march-madness-2012-round-3?page=1,1
このページの2番目の欄【AfterEllen.com Elite Eight: Match-up #2】に
Tina&Bette, The L Wordとありますので、それを選択。(マルにポチっと押すだけ)
で、『SUBMIT』をクリックすると、あなたの投票も含まれた、現在の投票率が現れます。
是非みなさんの清き一票で、Tibette返り咲きを目指しましょう♫ (*´∀`人´∀`*)♪


やっぱりBest kissとなると、このシーンなんだねぇ。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・あ。 忘れてた。
Bestなんちゃら・・・って、よく作っていたけど、途中になってましたね(^▽^;)スミマセン。
また4月になったら始めるかな。

061


pikasama69 at 01:23|PermalinkComments(8)

March 14, 2012

White Dayですなぁ。 -fanfiction-

出来れば夕方に読んで欲しいのだけど・・・。
ま、いっか。(笑)


お待たせしました。(待ってない?笑)
本日は、White Day。
皆さん、素敵な午後をお過ごしでしょうか?

Valentines Dayの際にかるーくリクエストが入りましたので(?)
ホワイトデーバージョンを作ってみました。
とはいえ、、、実はホワイトデーって、日本特有のものなのです。
(韓国は、あったかも・・・ですが)
とにかく、アメリカではValentines Dayは、男性が女性に
食事を誘ったり、プレゼントをあげたりする日なので
White Dayたるものは、存在しないのですよ。
ってことで、そういう雰囲気を出しつつ、こんな雰囲気にしてみました(爆)
ワケワカランね・・・(笑)
ま、とにかくだ。
楽しんで頂ければ幸いです。
それにしても毎回思うけど、ホントTibetteネタとなると、捗るわぁ・・・




☆*゚ ゜゚* *+:。.。:+* ゜ ゜゜ ☆*゚ ゜゚* *+:。.。:+* ゜ ゜゜ ☆*゚ ゜゚* *+:。.。:+* ゜ ゜゜ ☆*゚ ゜゚* *+:。.。:+* ゜ ゜゜




誘ったのは、Laurelの方からだった。
『ベニスビーチに、良い場所を見つけたの。』
彼女の運転でドライブする事は、珍しい。
とは言っても、二人きりでのドライブすら、簡単に数えてしまえる程度だが。
サングラス越しに、彼女の横顔を見つめる。
潮風が、優しく髪に纏わり付く。
海へと続く、長い桟橋が白く光る。
つがいのカモメだろうか、縦横無尽に滑空している。

二人で歩く海岸。平日だからだろうか、人も疎らだ。
砂に足元を掬われないように、踏み締めて歩く。
『・・・こっちよ。』
振り向き、手を差し出したLaurelの髪の色が 夕陽に交ざり、赤く光る。
足場の悪さに託つけ、手を握る。
柔らかい指先に自分の指を絡め、目線を上げると
彼女は眩暈がする程、愛らしい笑顔をJenniferに向けていた。
『髪、染めたのね。』
サングラスを外し、そう言うと、彼女は恥ずかしそうに髪をかきあげ笑った。
『意気込み、って とこかな。』
『Parisだったわね。私も行きたいわ。』

握りしめた彼女の手の温もりを感じる。
黙ったまま、砂浜を歩く。
しばらく歩いた先に、小さな丘が見えた。
そこには窪みがあり、周りからは調度そこが死角になっていて
ここからだと海と空しか見えない。

『ここ、子供達が見つけたの。』
そう言って、彼女はその場に腰をおろす。
繋いだ手をほんの少し引っ張るようにして、彼女隣にJenniferを座らせた。
『砂だらけになっちゃうわ。』
結んだ手を解き、付いた砂を両手で払う。
風が思うような方角に向かわず、顔に髪が纏わり付く。
思わず顔をしかめると、Laurelが笑顔で髪をなぞってくれた。
『景色、いいでしょ?』
目線を彼女から外し、海を見る。
聞こえるのは潮騒と、彼女の甘い声だけ。

『綺麗ね・・・。』
切なさが、自然と胸に広がる。
二人だけの世界が、もしもこの世に存在するなら・・・
バカな事を考え、目頭を拭うと Laurelは不思議そうに尋ねた。
『泣いてるの?』
『泣いてないわ。砂風が目に入っただけよ。』

潮騒が二人を包む。
無限に広がる地平線を、ただじっと見つめる。
久しぶりに感じる、静かな時間の経過。
心の波風が穏やかになってゆくのを、Jenniferは肩に触れる温もりと共に感じていた。


600474bababf20e42497ef735ea1d5ed


pikasama69 at 15:11|PermalinkComments(8)Real Tibette?! 

March 12, 2012

Thank you world...

私にとって、最高に嬉しく、最大に悲しい出来事の重なった日。

週末から3日間は、出来る限り、普通の日として過ごしたかった。
そして、14:46のその瞬間だけ、そっと祈った。

何度も、書き直しては、止め
その度に削除してしまった3.11のblog。
でも、今はそれで良かったと思っています。

同日、Laurelのお兄ちゃんが、このyoutubeを紹介してくれていました。
私たち日本人が、世界にメッセージを送っているこの動画。
・・・Aritago
その言葉の重みを、私たち日本人は最も理解している筈。

世界に感謝をしながら、今日からまた頑張ろう。
どんな些細な事でもいい。
出来る事から、始めよう。



pikasama69 at 15:58|PermalinkComments(6)