December 20, 2013

laurel holloman in paris show

お久しぶりです。pikariです。
皆さん、、、ご無沙汰してしまい、申し訳ありません。
といいますか、ひとっつも更新してないこのブログに
アクセスしてくださる方が、未だ減らないという ありがたいやら
申し訳ないやら。。。(本当に思っております。ハイ

ちょっとちょっと、pikariさんよ、Laurelの愛が覚めてしまったの?
なんてお思いの、そこの貴女。
そんなこたぁ、ござんせん。(侍?)
ただ、今年は気づくと12月という。(本当かよ)
公私ともに忙しく、また充実した1年でありました
いやぁ、、、出会いというのはいくつになっても嬉しいものです。
新規開拓してみたり。(???)

しかしLが終わって数年。
それでも、あの作品を超える作品には出会えないものです。
最近は、もっぱら海外のドラマを片っ端から検索しては見たりしているのですが
それでも、キュンキュンくるような作品って、ないんですよねー。
この際言葉の壁をとっぱらってしまえと、フランスやスペイン、北欧なんかも観てみるけど
なっかなか・・・。(内容は勿論ワケワカメ
やっぱりTibetteの残像を求め、探してしまうのかもしれません。

さてさて、先月はわたくしめ、プライベートでロンドン旅行に出かけておりました。
その2か月前は、初めてのハワイに行ってみたり。
そんなわけでバタバタしていたら、知らない間にLaurelがパリで個展を開いていたんですねー。
ちょっと、Laurelさんよ、どーせなら11月にやってくれたら行ったのに
本当の話、ロンドンを旅しつつ、どーにかパリに行けないものかとユーロスター(電車)で
しつこく検索してみたりしていたんですよ。
・・・マジで一か月ずれていたら、会いに行ったのになぁ。

そして、そんな私の心を知ってか知らずか、フランスの友人が『行ってきたよ!!』と
てんこもり!山盛り!写真を送ってきてくれました(*^。^*)
嗚呼、友よ・・・素晴らしい友情に感謝。www
てか、サクッと行ける貴女が本当に羨ましい。
私もフランス人に生まれればよかった。(無理。)

BlogPaint



そんなわけで、こちらには彼女から送られてきた、写真の一部をご紹介いたしますね。
最近、ボディペイントに凝ってらっしゃるLaurelさま。
これが、絵心のない私にも魅力的に感じるくらい素敵な出来となっております。(上から目線?)
ちょっと、この絵、買っちゃおうかなぁ。
・・・・え?
さすがpikariは 〇っぱい星人だけに、これを選んだ?
いえいえ、違います。私はただひとえに芸術として・・・・・(以下割愛)
こちらのポスターは、毎度おなじみ、こちらのサイトから購入できますよー。
サイン、入れてくれないかな。(まだ欲しい。w)

51-WOTB1


ポスターの購入は、こちらからどーぞ。
Laurel Holloman

そうそう、先日はJenniferの誕生日でしたねー
そして、自身の誕生日にL本のNew バージョンを発表って・・・。
一番引きずってるの、やっぱりJBだと思うんすけど、どーなんでしょ?(^_^;)
Lはもう勘弁してなーんて言ってたのにさー・・・。ブツブツ(笑)
どーせなら、今からseason7作ってくれても、全然かまわないんだけどな。

L本の購入は、コチラからどーぞ。
The L Word Books


pikasama69 at 16:07│Comments(0)

コメントする

名前
URL
 
  絵文字