June 12, 2008

最終章。3

9e45b727.jpgって、最終回とは違うんだよね。
なんか紛らわしくて、イラっとくるのは私だけかな?

毎週楽しみにしてる、『ラストフレンド』。
元々上野樹里ちゃんの演技力が素晴らしくて、見るつもりでいたんだけど
これが、本当に上手。
彼女はビアンの役なんだけど、目やしぐさで演技も出来る。
一瞬、ホントにビアンかな?なんて思ってしまう位。
てか、むしろビアンであって欲しい(笑)

内容は、重いし進まないし先が読めないしで
毎週どよよーーーんとするんだけど、なんか病み付きになるんだよね。
クソつまんない、コメディドラマよりよっぽど面白い。

しかもビアンの話って、今まであんまりなかったように思う。
なんとなくそれっぽい雰囲気を少し出す程度のものなら、見た事あるけど。
もっとリアルな作品、今の世の中だからこそ見せてほしいなぁ。
だって、確実に昔よりは受け入れて貰えるようになったと思う。
実際、街を歩いていても、あ、この人たちそうだなって思う人が
堂々と歩いていたりするもん。
日本版、Lの世界希望

で、実際誰があってるんだろう?

ベット=真木よう子
ティナ=木村多江
シェーン=今宿麻美
カルメン=菅野美穂
アリス=上野樹里
デイナ=小西真奈美
ララ=永作博美
ジェニー=吉高由里子

なら、確実に見るな(o ̄∀ ̄o)ムリだろうけど。



pikasama69 at 21:43|PermalinkComments(24)TrackBack(0)

June 11, 2008

逢いたいなぁ。逢えるといいな。5

L Word という海外ドラマを知ったのは、今年のまだ寒い時期だった。
私は周りにカムアウトこそしていないが、実は15年程共に暮らすパートナーがいる。

なんとなくネットサーフィンをしている時、見つけたこの作品。
女性の同性愛をテーマに作られたドラマ。
しかも脚本家、監督等も同じ組合(笑)の人。
見ないわけにはいかなかった。

舞台はLA。生活基準の高い人達が暮らす街だ。
最初は見た目で、マリーナというキャラクターに惹かれたが、
そのうち自然と私によく似たベットとそのパートナーであるティナに
目がいくようになった。
私自身は、ベットのようなバリバリのキャリアウーマンではないが、
短気な所、饒舌で有無を言わせない所、目の前のものを見ない所(笑)と
短所が私と凄く似ていて笑える。
一方、頑固で意地っ張りで、でも一途な愛情溢れるティナに
私のパートナーを重ね合わせ、惹かれていった。
二人の周りを固める友人もまた楽しい。
このドラマの良さは、現実的に起こりうるテーマに重点を置いているという事。
私もベットとティナを見て、今改めてパートナーの大切さを知る事となった。
長く傍にいるからこそ、見えなくなる事もある。
それを二人から沢山学んだ。様々な境遇に置かれた立場の主人公達。
このドラマを見て、同性愛について改めて考えた人、女性が起こりうる病について
考えた人、家族について考えた人。
様々な角度から見る&感じる事のできる作品だと思う。

さて、そんな作品にどっぷり浸かった私に朗報が。
Lに出演中のシェーンが来日するらしい。
もちろん二人で成田に行くつもり。
こんなチャンス、なかなかないもんね。
場所も時間も何ら解らないんだけど(笑)
逢いたいと思う時は会っておかなかゃ、ね!
のその気持ちだけで行動する予定。
そんな気持ちにさせたのは、きっとLのお陰だね★



pikasama69 at 22:02|PermalinkComments(0)TrackBack(0)