June 14, 2008

元々凝り性だけど。1

b28bbab8.jpgLの世界にハマったのが、2月頃。
それからほぼ毎日(笑)画像、映像なにかしらは見る日々。
もちろんDVDは購入したし、シーズン3見たさに
ケーブルにも入った。
このドラマっ子が、今回見ているのは
ラスフレのみ。週末と言えば映画三昧だった日も
それだけLに時間を費やしてる。(勿論文句も言わずカノも。)
最近は、禁断症状からか夢にまで登場する始末(笑)
苦手で堪らない英語も、本気で勉強しようかと考え出した。
(どっかで会えたとき用。笑)
元々凝り性な私達。それにしても凄すぎるよね。
ありがたい事に、カノもドップリはまっているから、
文句一つ言われないけどさ。
なんだか、自分の全部が面倒くさくなってきて(?)
いっそカムアウトしちゃう?なんて考える始末。
だって、それだけLは面白いから。

今私が見ているシーズン3は、そりゃぁもう、みんなが不幸で
凹みがちな・・・いや、凹む内容ばっかりなんだけど
でも先に光があるから見られるというか。
あーでも何が辛いって、シーズン6で終わってしまう事が悲しい(T∀T)
そりゃぁ、いつかは終わるものなんだけどね(笑)
今シーズン3でしょ?あと半分かぁ。。。
終わってゆく事が悲しいドラマって、今までになかったかも。


pikasama69 at 23:46|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

June 13, 2008

妄想。3

817ffcb6.jpg今ね、アリス(レイシャ)が東京にプレイベートで来てるらしい。
中目で会った!って書いている子がどっかにいた。・・・いいなぁ。
とはいえ、私は英語喋れないけど

でも、もし2チョに週末来るんだったら、会いに行きたいなぁ。
って、今日帰り道、バスに揺られながら妄想してた。
設定は、街を歩いていると、アリスに似た人を私が見つけるの。
で、声をかける。
彼女は、実際遭遇した人の話によると、すっごくフレンドリーな
方らしいので、きっと私に笑顔をくれる・・・はず(笑)
私は、知ってる限りの英語と身振り手振りで、必死に話す。
・・・あれ?あたし意外と通じてるじゃん、みたいな。
で、彼女は私のペースに飲まれるわけ。で、『変なオモシロイ日本人ね。』
って思わせる。私の隣でカノが失笑してるんだけどね。
そいで、勢いあまって『私と友達になって』と言うんだな。
私には、海外の友人なんていない、だから友達になってくれない?
私も英語をマスターするように頑張るから、アリスも日本語を少しずつ
覚えて!って。
彼女はアワアワしている間に私は、メアドを書いて、アリスにも書かせる。

え?あたしいつの間にこんな積極的なニンゲンだったんだ?
バスの中でひたすらにやける顔を堪える私。
・・・これ、全部妄想ですから。
どんだけアホやねん。まだ会えるとも限らないのに。
と、カノと待ち合わせした場所に急いだ。


pikasama69 at 22:13|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

June 12, 2008

最終章。3

9e45b727.jpgって、最終回とは違うんだよね。
なんか紛らわしくて、イラっとくるのは私だけかな?

毎週楽しみにしてる、『ラストフレンド』。
元々上野樹里ちゃんの演技力が素晴らしくて、見るつもりでいたんだけど
これが、本当に上手。
彼女はビアンの役なんだけど、目やしぐさで演技も出来る。
一瞬、ホントにビアンかな?なんて思ってしまう位。
てか、むしろビアンであって欲しい(笑)

内容は、重いし進まないし先が読めないしで
毎週どよよーーーんとするんだけど、なんか病み付きになるんだよね。
クソつまんない、コメディドラマよりよっぽど面白い。

しかもビアンの話って、今まであんまりなかったように思う。
なんとなくそれっぽい雰囲気を少し出す程度のものなら、見た事あるけど。
もっとリアルな作品、今の世の中だからこそ見せてほしいなぁ。
だって、確実に昔よりは受け入れて貰えるようになったと思う。
実際、街を歩いていても、あ、この人たちそうだなって思う人が
堂々と歩いていたりするもん。
日本版、Lの世界希望

で、実際誰があってるんだろう?

ベット=真木よう子
ティナ=木村多江
シェーン=今宿麻美
カルメン=菅野美穂
アリス=上野樹里
デイナ=小西真奈美
ララ=永作博美
ジェニー=吉高由里子

なら、確実に見るな(o ̄∀ ̄o)ムリだろうけど。



pikasama69 at 21:43|PermalinkComments(24)TrackBack(0)

June 11, 2008

逢いたいなぁ。逢えるといいな。5

L Word という海外ドラマを知ったのは、今年のまだ寒い時期だった。
私は周りにカムアウトこそしていないが、実は15年程共に暮らすパートナーがいる。

なんとなくネットサーフィンをしている時、見つけたこの作品。
女性の同性愛をテーマに作られたドラマ。
しかも脚本家、監督等も同じ組合(笑)の人。
見ないわけにはいかなかった。

舞台はLA。生活基準の高い人達が暮らす街だ。
最初は見た目で、マリーナというキャラクターに惹かれたが、
そのうち自然と私によく似たベットとそのパートナーであるティナに
目がいくようになった。
私自身は、ベットのようなバリバリのキャリアウーマンではないが、
短気な所、饒舌で有無を言わせない所、目の前のものを見ない所(笑)と
短所が私と凄く似ていて笑える。
一方、頑固で意地っ張りで、でも一途な愛情溢れるティナに
私のパートナーを重ね合わせ、惹かれていった。
二人の周りを固める友人もまた楽しい。
このドラマの良さは、現実的に起こりうるテーマに重点を置いているという事。
私もベットとティナを見て、今改めてパートナーの大切さを知る事となった。
長く傍にいるからこそ、見えなくなる事もある。
それを二人から沢山学んだ。様々な境遇に置かれた立場の主人公達。
このドラマを見て、同性愛について改めて考えた人、女性が起こりうる病について
考えた人、家族について考えた人。
様々な角度から見る&感じる事のできる作品だと思う。

さて、そんな作品にどっぷり浸かった私に朗報が。
Lに出演中のシェーンが来日するらしい。
もちろん二人で成田に行くつもり。
こんなチャンス、なかなかないもんね。
場所も時間も何ら解らないんだけど(笑)
逢いたいと思う時は会っておかなかゃ、ね!
のその気持ちだけで行動する予定。
そんな気持ちにさせたのは、きっとLのお陰だね★



pikasama69 at 22:02|PermalinkComments(0)TrackBack(0)