November 21, 2012

やばーーーいっ!!!

Lの世界が終わって数年・・・。
Laurelへの愛は一向に冷める事もなく、今日まで生きてきた私。
色んなビアン映画を観ても、流行のドラマを観ても、ズキューンとやられることはなく
まぁ、好きですよ、ハイ、次。そういった日々を送っておりました。
だからこそ、Laurelの女優への思いも断ち切れず、といった感じだったのですが
今日、偶然見つけた一枚の写真から
久しぶりにズキューーーーーーーーーーーーンと、やられてしまったのです。

それが、このドラマ。
『LOS HOMBRES DE PACO』

9872_capitulo-100-de-los-hombres-de-paco

ストーリー的には、警察官のお話。
・・・え???
むさくるしい、オッサンばっかりじゃーん!!とお嘆きのそこのアナタ。
わかってますって(´▽`)♪
私たちの着目点は、そこじゃない。
ハイこちら。

lhdpcap6938rw1

なに?横顔で見えにくい?
そうでしょうよ、そうでしょうよ(〃▽〃)←じらし好き
そう、私が出会ってしまったのは、この2人・・・いや、1人なんですねー。
左がSilvia役のMarian Aguileraさん。右がPepa役のLaura Sanchezさん。

(いろーんなドラマを観ておられる方の中には、このドラマをよく御存知の方もおられると
思いますが、pikariにお付き合いいただけると嬉しいです(*ノ∀`*)ゞ)

雰囲気で話すと、このPepaさんは、そうだなぁ。
Lの世界で言うと、マリーナになるかな?
又は、イギリスドラマ、Lip ServiceのHeather Peace?
・・・いや、違う。
イメージ的には、現在WOWOWで放送中のRizzoli & Islesのリゾーリに似てるかも。
(下記写真、左がリゾーリ。このドラマは残念ながらビアンものではないのですが、
私は大好きで毎回見ています。これまた刑事ドラマ。)

RizzoliandIsles



・・・・・で、よ。 話を元に戻そう。(笑)
左手のSilviaさん(役名)が、、、、、(〃▽〃)我らがLaurelに、なーーーーーーーーーんか
似てるのです(〃▽〃)
例えばこの写真。

no title
IMG_4200
IMG_9388

どう?どう??どう???(〃▽〃)
こんだけじゃわからない?・・・そりゃそうよね(笑)
でもね、この頃のLaurelに、なーんか似てるんだよなぁ。

llovecouundo

でね、単なる刑事ドラマでは終わらないといったのが、この動画でわかるはず。
ま、そういうことですよ(みなまで言うな。w)

tumblr_m9bk4goI441rvp86n

少しずつストーリーを観ていくとわかるんですけどね、なんか、出会った当時の
Tibetteを髣髴とさせるんですよ(T∀T)アウアウ
Lの世界では、Tinaが回想シーンでBetteと出会った頃の話を、少しだけ
かいつまんでしてるでしょう?
このドラマは、ガッツリその頃の二人を見せてくれているような。
(すみません、あくまでL目線のpikariです(^▽^;))

た〜〜〜〜〜〜〜〜〜だ〜〜〜〜〜〜〜〜〜し〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜。
問題が一つあるのですよ。
そ・れ・は・・・・・。
このドラマが、スペインドラマだという事(T∀T)読めねぇ。
で、探しました。翻訳付きのドラマ映像。
そいでもって、英訳つきを見つけました(´▽`)♪←英語出来ないけどwww
しかも、有難い事に 『LOS HOMBRES DE PACO』ではなく
『Pepa & Silvia』のシーンのみを抜粋して作ってくれてるこの動画。
なんと素晴らしい。。。有難うございます(〃▽〃)←知らない方ですが。


でもって、今日だけで一気に13話分、見ちゃいました(爆)
おっもしろーーーーーーい(^ー^)/
二人がメインになっているので、という事もあるのですが、これが
ドラマ的にも結構面白い。
ドラマを見つつ、ゲラゲラ笑い、そしてドキドキしつつ
ズキューーーーーーーーンとやられちゃったわけです、ハイ。

このドラマ、もしかしたら『今更じゃね?』なんて言っておられる方も
もしかしたらあるかもしれません。
(すみません、ここではネタバレ厳禁でお付き合い願います(´_ _`)

が、御存知なかった方も、私同様おられるはず。
熱狂的な、Laurelファンのみなさーん。
是非ともSilviaに注目してくださーい(^ー^)/

・・・で。
反響次第で、英訳版を私なりに解釈しつつ、ここに少しずつ載せようかと
検討中。(多分・・・いや、かなりSilvia目線になると思うけど。w)
でもなー、Tina目線でどうしてもSilviaを観てしまう私。
なんか、似てるんだよね。困惑した表情とか、切ない表情とか。
ふとした瞬間なんだけれど。
でもさ、それってLaurelにも、Marian Aguileraさんにも失礼だよね。
そして、Laurelファンや、Marianファンの方も、しかり。
・・・ご意見、お待ちしております。。。


画像は、Silvia役のMarian Aguileraさん。
やばーい、Laurelより・・・(これ以上は口を慎もう。爆)
いいえ、私は一途な女〜♪(さそり座の女風に)
Laurel以外の女には、絶対なびかなくってよ( ̄ー ̄)フッ

marian-aguilera_large







pikasama69 at 00:20|PermalinkComments(17)

November 04, 2012

Happy Birthday Lola :)

本日11/4は、Lolaちゃんの誕生日です(´▽`)♪
☆*゚ ゜゚* *+:。.。:+* ゜ ゜゜ お誕生日おめでとう☆*゚ ゜゚* *+:。.。:+* ゜ ゜゜

早いもので、もう一年・・・いやいや、違う。(それは私の話。)
早いもので、もう8歳。
Laurelが、ちょいちょい載せてくれている写真を見ながら
彼女達の成長をひっそりと、影ながら見守らせて頂いております。

やっぱりさぁ、小学生くらいになると
ぐーーーーーーーーーーーーーーんと、大人の女性の表情になるよね。
って、私、子育てしたことないんだけど(^▽^;)←実は子供が苦手。
海外の子は、特に大人っぽい顔立ちだからってのもあるけど
イヤイヤァ〜〜〜〜〜、今の日本の小学生もテレビを観てると、
かなり恐ろしいものを感じたり(笑)

しかしまぁ、そんな子供が苦手なpikariも、Laurelのお子となれば、話は別。
お母さんは勿論の事、子供たちの写真をUPしてくれるのも、楽しみなのであります。
そのうち、お母さんがカメラを向けると、
『もう、お母さん。私の写真を勝手にUPしないでよ?
なんていう日も来るのでしょうね(T∀T)アウアウ
子供の成長が止まってほしいと思う、親心。
Laurelさんよ、あなたのお陰で少しわかったような気がします・・・(T∀T)←バカ

・・・Lolaちゃんの誕生日の記事で、私は何を喋ってるんだ?(笑)
久しぶりの更新で、手が勝手に動いてるような状態でして(^▽^;)失礼♪

とにかく、素敵な一年を過ごして欲しいですねー。
そいでもって、またその模様をUPしてくれたら嬉しいなぁ。
(その時は、こちらで追加UPします。もしあったら、だよ?)

Dear Lola
May your birthday be filled with excitement, joy and laughter.
Happy Birthday! :))) xxx   From Japan

BlogPaint

BlogPaint







pikasama69 at 22:41|PermalinkComments(6)

October 23, 2012

発売中です(´▽`)♪

ここんとこ、Laurelが精力的にやってくれていた事なのですが
早々に完成したみたい

現在コチラでLaurelのポスターが購入できます♪
ペイパルカードを利用できるようになったので、とっても便利★
pay pal登録に少々苦労しますが(^▽^;) 

トップページはコチラから。
Laurel Holloman net

Laurel Holloman Museun

ポスター購入は、コチラからどーぞ。

価格は一律$150。(日本円で約12,000円くらい。2012.10.23現在)
これは、送料込みかな?(多分そうだと思うけど、違ってたらゴメンナサイ
下記写真の右側にある矢印をポッチリしてもらうと、
各地域で書いたLaurelの作品たち(購入可能分のみ)を見ることが出来ます。
絵の部分からも行くことは出来ますが、トライベッカシリーズはなぜか行けないので
右側から行くことをオススメします。

BlogPaint

お家に飾ると、こんな感じです。

BlogPaint



てか、今回Laurelまでポスターになっちゃってるのね(笑)
7_foto

これが表紙になったパンフレット(カタログ)が、欲しいと思うのは
私だけではないハズ。
どうだろうか?Laurelさんよ。。。検討してね(笑)

BlogPaint


pikasama69 at 16:00|PermalinkComments(2)

September 25, 2012

Laurel Holloman Venezia Exhibit 2012 'Free Falling' part 4

あとですてる2

先日、Laurelが新たな動画を紹介してくれていたので、コチラにもupしておきます。
わたくし、、、正直に申しまして
一心不乱に書いてるLaurelの胸元に目が行ってしまい・・・…( ̄▽ ̄*)
いかに自分がド変態かを痛感し、反省している次第です(爆)
の割に、これはキャミかなー、ブラの紐かしら、、なんてぼーっと考えるwww
エロ侍の皆さまには、きっとご理解して頂けるハズ(爆)

まもなく9/30。
Laurelのヴェネツィアでの個展も終了ですねー。
あー、、、行きたかった_| ̄|○il||li
L10はグズグズで終わっちゃうし・・・ブツブツ。
なーんて、クサクサしてても仕方ないっ
また絶対にLaurelに会いに行くのだ(@・`ω´・)ノ♪
Laurelが私の事を忘れる前には・・・絶対(笑)
そう、目標がないと頑張れない私。
いつかやるであろう、LAでの個展を夢みて、pikariの第二の妄想は
膨らむのであります (なんのコッチャ

さて、次のLaurelの個展は、ドイツ・ベルリン
ベルリン国立美術館・・・の近くとかで開催しちゃったりして(´▽`)♪
昔、『ベルリン・天使の詩』って映画を観たなぁとか。
既に次の会場を妄想してみたり。(って、次の会場がここかどうか知らないけれど)

・・・ふと、思ったんですが、
世界三大映画祭って、フランスのカンヌと、イタリアのベネツィアと、ドイツのベルリン国際映画祭。
これって偶然?なのかな。(まぁ、ドイツでまだやるって言ってないけどね)
役者さんとしては、やっぱり気になる街なのかなぁとか、勝手に妄想しています。

A2EmTgYCcAAjsXY


しっかし、、Laurelよ(笑)
なぜにこんな写真を撮ったんだ(爆)
ドット柄も顔って・・・怖すぎる(笑)
A3dMOIkCIAE6rT8



pikasama69 at 01:04|PermalinkComments(16)

September 17, 2012

行って来ました(^ー^)/

日曜日に、行って来ましたよー、LGBT映画祭(´▽`)♪
私たちは友人達と『キス・ミー』を、観に行って来ました。
このblogを通して、出会った柴さんから少し前にメールを頂いて
じゃぁ、ついでに食事でも★ということに。
柴さんは、前日に映画祭に行ったようなのですが、どうやら立ち見じゃないと
観られないほど、混んでいたみたいで。
日曜は、私たちより早く会場に行っていたので、
『先に整理券を取っておきますよー』と言ってくれて
私たちは超ビップ待遇で、座席を確保できました(〃▽〃)
(柴さん、本当にありがとうね(´▽`)♪)

しっかし。。。会場は、柴さんの言っていた通り、人、人、人の大混雑。
初めて一緒に行ったnoppoさんなんかは
『これ・・・みんな組合なんだよねー。凄いねー。もっと言ってよって感じよね(笑)』
と、興味津々(笑)
そうよね、、、知らなかっただけで、世の中には こーーーーーーーーーーーんなに
私たちと同じ世界に生きる人たちがいるんだな、って
不思議な気持ちになりました。
だからと言って、全ての人と出会えるわけでも、分かり合えるわけでもない。
だからこそ、こうして出会った人との繋がりを
身にしみて、大事にしたいなぁって思いました。

さて、本編。
うん、面白かったです。
なんだろ?スウェーデン作品なんだけれど、
さすが、ヨーロッパって感覚。

家族が同性愛に、きちんと向き合ってくれるというか。
勿論、始めは親は動揺するんだけど、結局のところは
一番に子供の幸せを考えてくれる。
一番最初に、恋愛がすんなりと・・・スムーズにというか
あまりにアッサリと成就するところに、私としては、凄く違和感を感じたのです。

でもね、食事に行きがてら、ぼんやりと考えてみると・・・
あぁ、そうか、この感覚が日本人独特なんだよなーって。
日本と言う国で生まれ、同性愛を受け入れられていない社会に生まれたからこそ
同性の恋愛に、私自身をも違和感・・・というか
まずはどうやって告白すればいいのかなって考えてしまう、そういう感覚。
でも、映画の世界は違う。
ヨーロッパ映画ならではの感覚。
同性愛が、ヨーロッパ諸国では(ある程度)受け入れられている、当たり前な感覚。
そっか、やっぱり私は日本人なんだな、と少々寂しく思いました。

その他の部分は、とても見やすくて楽しかったです。
笑い転げるほど、楽しい作品ではないけど、出演者も美人だし
いやぁ、フリーダ役の彼女、美人ちゃんでした
(結局そこかぃな(笑))イエイエ、私はLaurel一筋ですけどねwww
そいでもって、出演者の役名が、また・・・(笑)
ミアとティムとか(爆)
ティムって人は、やっぱりジェニー(ミア)にフラれるんだねー・・・と(笑)


明日・・・というか、今日月曜日が最終日です。
キス・ミーも明日まだ上映しますし、気になる方は、ぜひご覧下さいね★
ちなみに、もし行かれる方は、上映時間の1時間〜最低でも30分前には
行くのがBetterだと思います。
お一人様もちらほらいましたし、表参道の駅前なので、結構行きやすいです。

無題1




pikasama69 at 01:43|PermalinkComments(20)